« 善悪をつけたがる日本人 | トップページ | 私たちは知らず知らずのうちに資本主義というシステムの中で物事を考えてしまう »

2019年10月22日 (火)

あらゆる可能性(欲望=欠乏)に素直になれば、必然的に追求心・活力も沸く。

349425 ”欲”は人間の根底部分。受け入れて初めて次のステージに.

こちらの内容、性欲に関わらずあらゆる欲望(=欠乏)に対して、貪欲になれという意味で、非常に納得です。

欠乏なきものいかなるものへの追求欲も芽生えず、活力がわかない。
一旦は全て枠を外して受け入れるのがまずは第一歩なのかもしれません。

色欲・食欲・物欲などなど、様々なカタチがある”欲”ですが、心のどこかで
「なんで、こんなに自分は食欲が旺盛なのだろう。食べ過ぎてしまう自分は嫌だ。」
など自己嫌悪に陥ってしまっている時はないでしょうか?
人間は良くないことと思い込めば思い込むほど執着してしまう生物。
心の在り方を模索し続けないとですね。

自分の中に闘いを作るのではなく、自分の欲望を認めてあげる。欲深い自分も許してあげる。
そして状況が許せば、とことん欲望に忠実に生きてみる。
そうすれば、結果的にその欲望から卒業していくことができるだろう。
そうして人は初めて次のステージに行けるのではないかと思う。

 「物欲、色欲、名誉欲、欲のおかげで、きょうもイキイキ」
 ----------
いつも自分にそう言い聞かせるといいのかも。

 

 

 

日出・真田十勇士

« 善悪をつけたがる日本人 | トップページ | 私たちは知らず知らずのうちに資本主義というシステムの中で物事を考えてしまう »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 善悪をつけたがる日本人 | トップページ | 私たちは知らず知らずのうちに資本主義というシステムの中で物事を考えてしまう »

ランキング

  • にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ お勧めサイトランキングへ
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ