« 消費の時代が生み出した問題とこれから | トップページ | 人間の知識の「すごさ」を伝えるのは、相手に寄り添わないと、ものすごく難しい。 »

2019年10月30日 (水)

母親の謙遜(旧観念)がこどもの可能性を閉ざす

「私なんて・・・」「うちの子なんて・・・」という謙遜の言葉。
自分以外の周りの人はみんな競争相手だったひと昔前の私権時代であれば、こういった「謙遜」は、世辞の常套句として一定周りからも理解され、人間関係の潤滑油として機能していた。

しかし、今は私権獲得への意欲は低下し、他を出し抜くよりも、周りのみんなにどう喜んでもらうか、みんなと価値をどう分かち合うかに多くの人の意識は180度転換している。にもかかわらず、無自覚な親たちによって、古い観念だけが惰性のように使われ続けている現実。

大人同士でハイハイと受け流すだけなら良いが、子供の意識ひいては行動に影響を与えるとなると、これは大問題だ。

以下、NIKKEI STYLE「尾原和啓 自己評価下げる「呪いの言葉」から解放を」から。
**********************
ある研究では、日本人の自己評価、つまりセルフエスティームが低い原因には、母親からの影響が強いというデータが出ています。例えば僕の知人女性は、子どもの頃から絵を描くことが大好きでした。小学校に上がった頃、自分の絵が市の賞を受賞し、学校の廊下に飾られた。彼女はそれが誇りで、授業参観の日に母親に見せた。すると他のお母さんが通り掛かり、「○○ちゃん、すごいわねえ」と褒めると、彼女の母親はまるで慌てたように手を振って、「いえいえ、○○なんて全然、大したことないんですよ」と言ったそうです。

この時、幼い彼女は「私って大したことないんだ」とショックを受けたそうです。それ以来、大好きだった絵を描いても母親の言葉がよぎるようになり、ついに描かなくなってしまったといいます。

もちろん、彼女の母親に悪気があったわけではないのでしょう。私たち日本人には、褒められたら謙遜することが美徳であるかのような意識を植え付けられてきました。しかし僕は、個人の素晴らしい能力に蓋をしかねないこの習慣に、静かな憤りを感じるのです。

■世界で叫ばれる「アンリーシュ」

呪いを解くことを、英語で「unleash(アンリーシュ=鎖を外す)」と言います。実は既に数年前から、この「unleash」が、世界中のいろんな所で叫ばれているのです。賛否両論ありますが、一連の「#MeToo運動」なども、こういったムーブメントの一つでした。

僕の友人である予防医学研究者の石川善樹さんから聞いた話では、ある調査によれば、クリエイティブな人、イノベーティブな人が育った環境の共通点に、「母親にストレスがない」ということがあるそうです。もちろん父親の影響を強く受けた人も数多くいるのは事実なのですが、学術的なデータによれば、母親が子どもに与える影響の強さは、かなり大きいということなのです。

僕は決して、ここで母親の存在を責めたいわけではありません。なぜなら、母親もまた、社会によって「私なんて」という呪いをかけられてきたからです。大もとにあるのは社会の習慣です。まずそのことに留意した上で、自分に自信がない原因には、幼少期に自分へ最も強い影響を与えた人との触れ合いに原因があったかもしれないことに冷静に気付いて、今さら相手を責めるのではなく、自らアンリーシュしてあげましょう、と言いたいのです。
**********************
リンク

 

 

 

竹村誠一

« 消費の時代が生み出した問題とこれから | トップページ | 人間の知識の「すごさ」を伝えるのは、相手に寄り添わないと、ものすごく難しい。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 消費の時代が生み出した問題とこれから | トップページ | 人間の知識の「すごさ」を伝えるのは、相手に寄り添わないと、ものすごく難しい。 »

ランキング

  • にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ お勧めサイトランキングへ
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ