« 「人間と自然の共生」はファンタジーだった。パラサイト・イブに見る「科学とは何か」問題。 | トップページ | 史的唯物論の崩壊を! »

2019年8月25日 (日)

仏像をCTスキャンしたら中にミイラ。この僧は誰? なぜここに?

下記,リンクより引用

***************************

気になるのは僧侶の正体ですが、そちらはLiu
Quanという禅僧とのことです。没年は西暦1100年前後。仏像の年代もこの没年から来ています。

ドレンツ博物館ではいろんなミイラを一堂に集めて展示したのですが、この仏像は「self-mummification」の事例として紹介されました。日本語で言うと「即身仏」。地獄の苦しみの修行です。


禅僧は断食をし、水分を体から抜き、しまいには毒まで飲んで、不滅の体を解脱して悟りを得ようとした。

まず最初1,000日は寺周辺で拾った木の実と種だけ食べる。次の1,000日は松の木の皮と根っこ。それが終わると今度は漆の茶(毒)を飲む。すると嘔吐で体の水分が出て、本来なら死体に群がる虫・微生物も食指の進まない体になるのだ。

あとは座禅できるだけの空間だけある墓に入って、竹の空気穴で呼吸をし、読経しながら鈴を鳴らす。鈴が止まると死んだ合図だ。外にいる人が空気穴を閉じ、そのまま3年放置する。

1,000日置いて墓を開け、ミイラ化したかどうかをチェックし、失敗なら(大体は失敗に終わった)埋葬。成功なら永遠の悟りの境地に達し、輪廻転生から解脱し、仏の位に高まった証拠である。ミイラに服を着せてきれいに飾り奉納する。

空海が中国で学んで持ち帰った修行法で、同じ習わしは中国、インドにもあった。この手法のキモは内臓を抜かないでミイラ化してしまうところだ。1,000日放置してから内臓を抜いたとも思えないし、一体どういうプロセスでミイラ化したのだろう?
結果が待たれるところだ。


***************************
引用終わり

 

 

 

我妻佑磨

« 「人間と自然の共生」はファンタジーだった。パラサイト・イブに見る「科学とは何か」問題。 | トップページ | 史的唯物論の崩壊を! »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 「人間と自然の共生」はファンタジーだった。パラサイト・イブに見る「科学とは何か」問題。 | トップページ | 史的唯物論の崩壊を! »

ランキング

  • にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ お勧めサイトランキングへ
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ