« 実はヤバい「プラス思考」 | トップページ | 「人間と自然の共生」はファンタジーだった。パラサイト・イブに見る「科学とは何か」問題。 »

2019年7月25日 (木)

近代観念が、若者たちを煩悶させ、死へと追いやった

明治以降、日本にも輸入された近代観念。

明治維新から150年もたった今になって、ようやく我々はこれらの観念群が、全く潜在思念とつながっていないこと、そして、現実の社会を切り開く力になっていないどころか、むしろ精神破壊・肉体破壊・環境破壊の元凶であったことに気づき始めた(339648)。

幸い、「自由」「平等」「博愛」といったこれら近代観念群に対して、現代人は冷めた視線で対峙できているが、導入時のショックは特に多感な若者たちにとって大きかった。急速に浸透する私権社会の現実(制度・観念)と己の潜在思念との間で大きな葛藤を生み出したのである。

当時のそのような社会現象を表した言葉に、「煩悶青年」がある。
******:***********
「煩悶青年」は、宗教的情操が満たされず悩み苦しみ救いを求める〈青年〉として、仏教系雑誌
『中央公論』誌上で1900年に誕生したと言えるだろう。では、このような「煩悶青年」が生まれてきたのにはいかなる時代背景があったのだろうか。
(中略)
1890年代後半における中学校生徒数の急増、つまり「煩悶」し得るだけの知識と時間を有した〈青年〉の量的増加である。次に、「品性」、「宗教」、「倫理」、「修養」、「人生」、「理想」、「人格
」などの概念が1880年代から1890年代にかけて定着したことで、〈青年〉が自己の存在や生そのものをこれらの近代概念によって説明する試みが可能となったことが挙げられる。つまり、「煩悶」するのに必要な近代概念の獲得である。最後に、従来の「立身出世読本」とは別の価値観を提起した〈修養〉論が、「画一的」「注入的」「形式的」な学校教育を批判する言説として1890年代半ばに誕生したことが指摘できる。
******:***********
近代日本における「煩悶青年」の再検討(リンク)より引用。

そして、その傾向が強い場合は、自殺へと至る。
******************
明治以降の近代日本において作家の自殺はかなり多い。
ただし、この傾向はいちおう1970年の三島由紀夫の自決でおさまったと言える。
(中略)
代表的な「自殺した作家」を年代順に列挙してみよう。
・北村透谷(25歳で決行)
・有島武郎(心中)
・芥川龍之介(36歳で)
・生田春月(客船から海に投身自殺)
・太宰治(多数の未遂ののち心中)
・原民喜(46歳で)
・三島由紀夫(あまりに有名、壮絶な切腹事件、45歳)
・川端康成(三島の後追い自殺じゃないよ)
・中村真一郎(妻の死と病苦)
******************
心と精神の哲学/あるいは/脳と精神の哲学(リンク)より引用。

 

 

 

竹村誠一

« 実はヤバい「プラス思考」 | トップページ | 「人間と自然の共生」はファンタジーだった。パラサイト・イブに見る「科学とは何か」問題。 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 実はヤバい「プラス思考」 | トップページ | 「人間と自然の共生」はファンタジーだった。パラサイト・イブに見る「科学とは何か」問題。 »

ランキング

  • にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ お勧めサイトランキングへ
2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ