« 努力しても無駄?やる気をなくす「学習性無力感」は現実への否定感からはじまる | トップページ | 自我を捨てていきいきできる職場へ »

2019年3月21日 (木)

欧米社会の個人主義と全体主義

リンク
以下リンクより引用
__________________________
 欧米崇拝者ならずとも、欧米社会は「個人」の観念が根付いていると、その個人主義を高評価する人は多い。確かに日本も含め他の文化圏では「個人」という考えはなかったように思える。では、何故欧州社会だけに「個人主義」が誕生したのだろう。あるブログ記事に興味深いことが載っていたので、その箇所を抜粋したい。
-阿部謹也の『ヨーロッパを見る視角』によれば、「個人」の概念が生まれたのは近代資本主義の時代ではなく、11~2世紀だという。古代の欧州は、ほとんどの社会と同様、世間の空気に支配される共同体だった…古代的秩序が失われたあと、11世紀以降に欧州を統合したのがキリスト教だった。キリスト教会は、非人格的な「神の掟」にもとづく共同体であり、近代法の源泉も教会法にあったといわれている(Berman)。
 キリスト教では、すべての個人は地域や家族から切り離され、神の前で絶対的に孤独な存在となり、救済されるかどうかは彼個人の行動に依存する。つまり個人主義というのは、ギリシャの合理主義とキリスト教の普遍主義が混じってできた特殊ヨーロッパ的な思想なのだ。ただ、こういう非人格的ルールが遠隔地貿易で有利になり、欧州の経済的な(したがって軍事的な)優位の源泉となったことは、Greifなどの研究で示されたとおりだ…
 私は阿部謹也はもちろん、Berman、Greifの書も未読である。教会法は世俗的なローマ法とも全く無縁ではなく、西欧の個人主義の思想にローマ的普遍主義も影響を与えている。ただ、「全ての個人(信者)は地域や家族から切り離され、神の前で絶対的に孤独な存在となり、救済されるかどうかは彼個人の行動に依存する」のはイスラムも建前上は全く同じなのだ。イスラムもまた、ギリシア、ローマ文明を受け継いでおり、ウンマという「神の掟」にもとづく共同体がある。
 イスラムも初期は武力征服ありきで、それまで部族対立に明け暮れていたアラブの諸部族を信仰によって統一、周辺のサーサーン朝ペルシアやビザンツ帝国ばかりか、西欧にも侵攻する。ここまでは欧州と同じにせよ、その後のイスラム世界は血族中心社会に戻る。そもそも気候的に遊牧民が主だった世界ゆえ、血縁関係を重視する。現代に至るまで中東は部族社会が色濃い。
 血族重視なら儒教、ヒンドゥー文化圏も同様で、島国ゆえ異民族接触がかなり少なかった日本も、農耕社会で村落共同体が続いていた。ただ、欧州で「個人」の概念が生まれたとされる11~2世紀とはちょうど十字軍の時代と重なる。これは個人主義どころか、全体主義ゆえに可能な侵攻だった。ローマ末期、ゲルマン人が豊かなローマに侵攻したように、今度はオリエントに西欧人が移動する。
 共にユダヤ教から発生したにも係らず、何故イスラム圏は西欧社会と異なり異端審問や魔女狩りは殆ど行われず、「個人」の概念が生まれなかったのだろう?個人ならぬ部族中心主義だが、中東世界は極めて自己主張の強い処であり、それが美徳とされ、押しの強さでは欧米人の比ではないらしい。「オレが、オレが」など日本で言ったなら、「我の強い奴」と爪弾きの対象となるが、同じ多神教世界でもインド人もまた自己主張の強さには定評がある。多民族、多宗教の背景があるのだろう。
 個人の観念が根付いた欧米社会は、むしろ異色だ。だが、それに対する強い反動もあったはずで、同時に十字軍やファシズムのような全体主義も起きている。逆に個人主義が強かった故、全体主義も背中合わせになっていたかもしれない。B級史劇だが、映画『300』の最後に意味深な台詞があった。「相手は野蛮人だ。神秘主義と専制の国」。古代ギリシア、ローマ時代から欧州人は東洋をこう見ていたのは確かで、それは現代も大差ないようだ。東洋人は専制君主に盲従するが、我々は自由の民であり、個人の自由のために戦う、と。
 十字軍は強制ではなく、個人の“自由意志”で行われたものだった。だが己の選択で参加したように思わせても、煽動したのはキリスト教会であり、異を唱えたりすればたちまち異端と断罪された。現代のムスリムによる“自爆テロ”もまた武力脅迫ではなく、表面的には各自の決定で実行したようでも、扇動者は聖職者というのも似ている。『自爆テロリストの正体』(新潮新書、国末憲人 著)に、著者のイスラムと欧米くらい似た文明もない、と興味深い一文があった。日本人による日本人論と同じく、欧米人の個人主義論は手前味噌の自画自賛も入り混じっていると見た方がよい。欧米人は非キリスト教徒の異人種が同じことをすれば、狂信、“個”のない全体主義と誹るらしい。




匿名希望

« 努力しても無駄?やる気をなくす「学習性無力感」は現実への否定感からはじまる | トップページ | 自我を捨てていきいきできる職場へ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 欧米社会の個人主義と全体主義:

« 努力しても無駄?やる気をなくす「学習性無力感」は現実への否定感からはじまる | トップページ | 自我を捨てていきいきできる職場へ »

ランキング

  • にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ お勧めサイトランキングへ
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カウンター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ