« ~「エモい」で判断するのがあまりに危険なワケ~共感力の求められる社会にはリスクも孕んでいる | トップページ | 努力しても無駄?やる気をなくす「学習性無力感」は現実への否定感からはじまる »

2019年2月16日 (土)

知性の劣化

長周新聞リンクより
今日の知性の衰退の状況は深刻です。例えば、少し前に韓国の音楽ユニットBTS(防弾少年団)のメンバーのひとりが原爆投下直後のキノコ雲の写真(長崎)と、朝鮮半島が日本の支配から解放された写真を並列したプリントTシャツを着ていたことが物議をかもしました。この行動自体に対する批判は別にして、私が感じたことはそんなことをすれば、どのような反応があるのかについて想像力を働かせていない、何も考えずにおこなったのではないかということでした。
 ネットやマスコミでは、Tシャツを着ていたことが批判の的になっていましたが、どのような影響を招くのか考えずに行動していることの方がより深刻な問題だと捉えています。何の悪質な意図もなく無意識のうちに、そのようなことを行動、発言することの危うさを感じます。ものを考えないということは、マスメディアや権力を持つ者に煽動されたり流されやすいということです。かつての戦争のときがそうでした。だから恐ろしいのです。
 知性をみがかなければ、結局はお互いへの感情的な批判と不満が積み重なっていくだけです。いわゆる「ネトウヨ」の人たちもそうです。インターネット上で感情のおもむくままに、差別的発言を続けたり、罵倒の声を投げつける。それは勢いがあるように見えますが、そうした言葉を発信すればするほど、自らのボキャブラリーの少なさや知性の浅さを露呈していくだけです。自分が感じていることが、絶対正義だと、頭の中が凝り固まっている。なぜそうなるかといえば、学ぶことをしないからです。そもそもすべての物事は変化し続けており、永遠に絶対に正しいということは、神様でもない人間がわかるはずはないのです。
 社会的地位にある人が、心ない発言をして批判をされたときに、「そんなつもりはなかった」といって弁解するケースがあります。この国の政治家をみてもそういう人物が出てきていることを残念に思います。ここには知性の劣化があらわれている。そのことが深刻な問題ではないでしょうか。
 無意識に発言されるくらいなら、極端なことを言えば、歴史的事実や評価を充分に知った上で、自分の意見として差別発言をする人の方が、まだましなのではないかと思うほどです。




高梨俊寛

« ~「エモい」で判断するのがあまりに危険なワケ~共感力の求められる社会にはリスクも孕んでいる | トップページ | 努力しても無駄?やる気をなくす「学習性無力感」は現実への否定感からはじまる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 知性の劣化:

« ~「エモい」で判断するのがあまりに危険なワケ~共感力の求められる社会にはリスクも孕んでいる | トップページ | 努力しても無駄?やる気をなくす「学習性無力感」は現実への否定感からはじまる »

ランキング

  • にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ お勧めサイトランキングへ
2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カウンター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ