« ちゃんとしなきゃ・しっかりしなきゃ病をやめてみよう! | トップページ | 思考を止めれば、一番良いものを常に与えてくれる »

2018年8月11日 (土)

図解化は実現の摂理に基づく思考のトレーニングになる

126261 因果関係と生成関係(実現関係)の矢印
>実現の可能性を封印され、現実に対する否定意識と(変革)不可能視だけを深く刻印された旧観念パラダイムの下では、物事の摂理を原因→結果という因果関係で理解することが、当然の思考法となっている。しかし、当然のことながら、その思考法or因果関係からは、決して実現可能性は導き出されてこない。
暗記脳に基づく学校教育では歴史構造も「原因→結果の因果関係」で教えられることが常である。故に知らず知らずのうちに物事を「原因→結果の因果関係」でしか捉えられなくなっている。
例えば壁にぶつかった際、「○○が悪いから上手くいかない」と現実否定の旧観念パラダイムでしか捉えられず、突破口が見いだせない状態から抜け出せない。
>進化(=実現)の歴史が、常に逆境発の⇒探索(どうする?)⇒可能性収束⇒(新機能の)実現態の塗り重ねであるとすれば、実現の摂理は常に、逆境⇒課題(どうする?)⇒可能性収束⇒実現態という生成関係or実現関係(⇒)で表現されることになる。
必要なのは上記の実現の摂理に基づく思考。図解化はその思考回路を太くする恰好のトレーニングになる。




石山 巌

« ちゃんとしなきゃ・しっかりしなきゃ病をやめてみよう! | トップページ | 思考を止めれば、一番良いものを常に与えてくれる »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1761240/73992866

この記事へのトラックバック一覧です: 図解化は実現の摂理に基づく思考のトレーニングになる:

« ちゃんとしなきゃ・しっかりしなきゃ病をやめてみよう! | トップページ | 思考を止めれば、一番良いものを常に与えてくれる »

ランキング

  • にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ お勧めサイトランキングへ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カウンター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ