« 不全⇒否定思考ではなく、未在の価値を実現する起点と捉える | トップページ | 「話せばわかる」だなんて、やっぱり嘘だった »

2018年6月15日 (金)

人間嫌いの原因が判明!他人を見下す心理メカニズムから治し方が分かった

リンク
会社でも学校でも、いつでも「相手」が存在しています。
相手やみんなの存在なしではきっと生きる意味ってないんだろうな~
とすら私は思ってしまいます。
でも、自分以外の存在に対して「嫌い」という感情を持ってしまうこともありますよね。
人間だからしょうがないことだけど、どうせなら「嫌い」よりも「好き」になれた方が何でも楽しいはず!
みんなを好きになるために私も実践してみようと思いました!
__________________________
実は、人間嫌いや他人を見下す心理は、誰もが持っています。そのため「私は人間が大嫌いだ」と自覚している人の方が、ある意味では誠実とも言えます。
ぶっちゃけ、私たちは四六時中、他人を見下しています。
ただ、これは脳の仕組み上、誰もが無自覚にやってしまうものなのです。つまり、この脳の仕組みを知り、自覚さえできれば、脳のメカニズムから脱却でき、他人を見る目を変えることが可能です。
たとえ、あなたが「超」がつくほど人間嫌いでも、人を愛することができ、心を許しあえる仲間が増え、人脈が無限に広がっていくメソッドになりますを
人間の脳には「RAS」という機能があり、あらゆる情報の中から「自分にとって重要な情報だけ」をピックアップし、それ以外の情報を省く。つまり視野に入れない仕組みを持っています。
この現象は「スコトーマ(情報的盲点)」とも言われ、これが他人を見下す心理の根本原因になっています。
ちなみにRAS(スコトーマ)が選ぶ「自分にとって重要な情報」とは何によって決まるのか?それは、あなたの潜在意識に根を張っている「観念」が決めています
観念とは、あなたが過去の経験から思い込んだルールです。
例えば、私たちは幼少の頃から「礼儀正しく、愛想良く生きなさい」と教えられ、また過去の経験からも、礼儀や愛想を重んじた方が得だと信じています。
そのような観念が、相手が持つ膨大な情報の"ほんの一部の情報だけ"をピックアップし「こいつは無愛想だ。嫌いだ。」と裁いているのです。
このようにして、私たちは「あらゆるシチュエーション」で、他人を四六時中裁き、他人を見下す心理に陥っています。
しかし、人間は多面性を持った存在であり、一つの側面だけで判断できるような単純な存在ではありません。それは、ご自身のことを考えても分かるはず。その時々の事情で、あり方が全然違うはずです。
つまり、相手の一側面だけを見て裁くことは、人を人ではなく「モノ」として扱っているのと同じだと認識してください。
人間嫌いとは、あなたが過去に築いてきた「観念(思い込み)」が、脳のRASに影響を与え「他人の嫌いなところ」にフォーカスさせていることが原因だったのです。
人間嫌いを治すには、最終的には「観念の書き換え」が根本的な改善策ですが、これには時間がかかります
しかし安心してください。実は、人間嫌いの観念、そしてそれに影響を受けている脳の仕組み(RAS)から一瞬で脱却できる、とても簡単なテクニックがあります。
実は、他人の一側面(負の側面)だけを見せる「脳の支配(RAS)」から一瞬で脱却し、まるで神の視点から、相手の多面性を見ることができる、非常に簡単なテクニックがあります。
それは、相手のネガティブな側面に脳がフォーカスを始めたら、つまり、RASが発動した瞬間に「どうしたのだろう?」と心の中で唱える。これだけです。
すると「ネガティブな感情の炎上」が弱まり、別の側面を冷静に探し始めている自分を感じるはずです。
人にはそれぞれ「そうなった事情」があるということ。私たちは自身の経験からそれを知っているにも関わらず、脳の仕組みがそれを忘れさせ、私たちを簡単に「独裁者」に仕立てあげます。
あなたの脳は、人、物事、出来事、つまり万物を見た瞬間に「RAS」を作動させます。RASは、あなたにとって「重要」と判断した情報以外、遮断し見せなくします。
そして、RASを動かしているのは、あなたが過去の体験から作りあげた観念。「思い込み」に過ぎません。
この心理メカニズムを知り、日常的に意識することが、人間嫌いや人を見下す思考癖を治すスタートラインになります。
そして「どうしたのだろう?」という、たった一つのマジックワードを使えば「思い込み」から一瞬で抜け出し、人を人として見ることができる。他人が抱える事情や、他人に対する優しさを思い出すことができますリンク
会社でも学校でも、いつでも「相手」が存在しています。
相手やみんなの存在なしではきっと生きる意味ってないんだろうな~
とすら私は思ってしまいます。
でも、自分以外の存在に対して「嫌い」という感情を持ってしまうこともありますよね。
人間だからしょうがないことだけど、どうせなら「嫌い」よりも「好き」になれた方が何でも楽しいはず!
みんなを好きになるために私も実践してみようと思いました!
__________________________
実は、人間嫌いや他人を見下す心理は、誰もが持っています。そのため「私は人間が大嫌いだ」と自覚している人の方が、ある意味では誠実とも言えます。
ぶっちゃけ、私たちは四六時中、他人を見下しています。
ただ、これは脳の仕組み上、誰もが無自覚にやってしまうものなのです。つまり、この脳の仕組みを知り、自覚さえできれば、脳のメカニズムから脱却でき、他人を見る目を変えることが可能です。
たとえ、あなたが「超」がつくほど人間嫌いでも、人を愛することができ、心を許しあえる仲間が増え、人脈が無限に広がっていくメソッドになりますを
人間の脳には「RAS」という機能があり、あらゆる情報の中から「自分にとって重要な情報だけ」をピックアップし、それ以外の情報を省く。つまり視野に入れない仕組みを持っています。
この現象は「スコトーマ(情報的盲点)」とも言われ、これが他人を見下す心理の根本原因になっています。
ちなみにRAS(スコトーマ)が選ぶ「自分にとって重要な情報」とは何によって決まるのか?それは、あなたの潜在意識に根を張っている「観念」が決めています
観念とは、あなたが過去の経験から思い込んだルールです。
例えば、私たちは幼少の頃から「礼儀正しく、愛想良く生きなさい」と教えられ、また過去の経験からも、礼儀や愛想を重んじた方が得だと信じています。
そのような観念が、相手が持つ膨大な情報の"ほんの一部の情報だけ"をピックアップし「こいつは無愛想だ。嫌いだ。」と裁いているのです。
このようにして、私たちは「あらゆるシチュエーション」で、他人を四六時中裁き、他人を見下す心理に陥っています。
しかし、人間は多面性を持った存在であり、一つの側面だけで判断できるような単純な存在ではありません。それは、ご自身のことを考えても分かるはず。その時々の事情で、あり方が全然違うはずです。
つまり、相手の一側面だけを見て裁くことは、人を人ではなく「モノ」として扱っているのと同じだと認識してください。
人間嫌いとは、あなたが過去に築いてきた「観念(思い込み)」が、脳のRASに影響を与え「他人の嫌いなところ」にフォーカスさせていることが原因だったのです。
人間嫌いを治すには、最終的には「観念の書き換え」が根本的な改善策ですが、これには時間がかかります
しかし安心してください。実は、人間嫌いの観念、そしてそれに影響を受けている脳の仕組み(RAS)から一瞬で脱却できる、とても簡単なテクニックがあります。
実は、他人の一側面(負の側面)だけを見せる「脳の支配(RAS)」から一瞬で脱却し、まるで神の視点から、相手の多面性を見ることができる、非常に簡単なテクニックがあります。
それは、相手のネガティブな側面に脳がフォーカスを始めたら、つまり、RASが発動した瞬間に「どうしたのだろう?」と心の中で唱える。これだけです。
すると「ネガティブな感情の炎上」が弱まり、別の側面を冷静に探し始めている自分を感じるはずです。
人にはそれぞれ「そうなった事情」があるということ。私たちは自身の経験からそれを知っているにも関わらず、脳の仕組みがそれを忘れさせ、私たちを簡単に「独裁者」に仕立てあげます。
あなたの脳は、人、物事、出来事、つまり万物を見た瞬間に「RAS」を作動させます。RASは、あなたにとって「重要」と判断した情報以外、遮断し見せなくします。
そして、RASを動かしているのは、あなたが過去の体験から作りあげた観念。「思い込み」に過ぎません。
この心理メカニズムを知り、日常的に意識することが、人間嫌いや人を見下す思考癖を治すスタートラインになります。
そして「どうしたのだろう?」という、たった一つのマジックワードを使えば「思い込み」から一瞬で抜け出し、人を人として見ることができる。他人が抱える事情や、他人に対する優しさを思い出すことができます




匿名希望

« 不全⇒否定思考ではなく、未在の価値を実現する起点と捉える | トップページ | 「話せばわかる」だなんて、やっぱり嘘だった »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1761240/73490568

この記事へのトラックバック一覧です: 人間嫌いの原因が判明!他人を見下す心理メカニズムから治し方が分かった:

« 不全⇒否定思考ではなく、未在の価値を実現する起点と捉える | トップページ | 「話せばわかる」だなんて、やっぱり嘘だった »

ランキング

  • にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ お勧めサイトランキングへ
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カウンター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ