« 成長を妨げているのは自分自身 | トップページ | マイナスを指摘するメリットは本当にある? »

2018年5月30日 (水)

「努力する」「頑張る」という欺瞞

>努力という言葉には、無理して頑張る、我慢して為すというイメージが一緒に含まれています。必要なのは、努力することではなく、没頭できる何かを見つけること。そして追求し続けること。(335177)
「努力する」や「頑張る」という言葉を美徳化し、「できない」言い訳を自ら与えていませんか?努力する、頑張るという言葉に隠れた欺瞞を指摘した記事を紹介します。
以下、頑張り過ぎるという欺瞞より(リンク)
* * * * *
さて、私はどちらか言うと、すぐに手を抜きたがるほうで、手を抜くことによって失敗し、「ああ、あのとき、もっとちゃんとしておけば良かった」という後悔を繰り返すタイプなので、その点、注意する必要があるのですが、私とは反対に、常に無理をして頑張る人がいます。
そんな人たちは、無理をして無理をして頑張って頑張って、頑張り過ぎて、そして、体調を崩したり気力が続かなかったりして、「やっぱり私はダメなんだ」と自分を責め、罪悪感に苛まれています。
一生懸命頑張った結果体調を崩したり気力が続かなかったりしただけなのに、自分を責めるのはおかしなことですが、これが、こういう人たちの失敗のパターンなのです。
つまり、無理をして頑張る人は、無理をして頑張ることによって体調を崩すなどして続かくなり、そのことで「自分はやっぱりダメなんだ」と責める口実を、自分自身に与えているのです。
要するに、続けられないような無理な頑張りをすることによって失敗するというパターンを繰り返しているのです。
こういう人たちは、「自分はいくら頑張っても認めてもらえない」と思い込んでいます。
そのために、無理をして無理をして頑張り過ぎて続けられなくなり、「やっぱり自分はダメなんだ」ということを証明しようとしているのです。
そもそも、人が頑張るのは、自らを成長させるためであって、周囲の人たちに自らの頑張りを認めてもらうためではありません。
そして、頑張るとは、そのとき自分のできることに自分のできる範囲で力を尽くすことを言うのであって、決して無理をすることではありません。
自分のできること以上に無理をしても、決して続けることはできないでしょう。自分のやっていることの矛盾に気づくことができれば、今の生き辛さから抜け出すきっかけを見つけることができるのです。
以上、引用終わり




紺碧空

« 成長を妨げているのは自分自身 | トップページ | マイナスを指摘するメリットは本当にある? »

コメント

Hello.
https://twitter.com/veranikarod1z1
And Bye.

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1761240/73586094

この記事へのトラックバック一覧です: 「努力する」「頑張る」という欺瞞:

« 成長を妨げているのは自分自身 | トップページ | マイナスを指摘するメリットは本当にある? »

ランキング

  • にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ お勧めサイトランキングへ
2018年10月
  1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31      

カウンター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ