« 否定脳による閃き意識の封鎖 | トップページ | 自分で限界を決めてない? 常にチャレンジし続けるための「思考の枠」の広げ方 »

2018年5月23日 (水)

否定脳は思考を停止させる

ふと自分の学生時代を振り返ってみる。
建築学科に在籍していた自分は作った模型や考えた案を友人や先生
にこうしたほうがいいんといわれても、いやそんなことないや違うなどと
否定が先行していた。
自分の作品ということもあり愛着からかそのような考え方になってしまっていた。
では否定脳は何を生むのか??
質問や考えへの否定はそこで一旦話が終わる。
つまりそこで思考が停止することと同じことのような気がする。
否定脳は何も生まないむしろ活力を奪うだけである。
悪いとこは悪いでいいと思うが相手が何でこのように考えたか?
ここがミソであると思う。この肯定的な視点は相手の活力を生むと同時に
相手の考えが見えてくる。そこでは新しい視点や新しい追求に繋がると思う。
さらに相手が何でこのように考えたか?
この質問という行為は相手との同化力を高める
質問は相手の欠乏を引き出すということだ。
でできた欠乏をどう対処していくか追求が生まれ相手との同化が深まる
この姿勢が仕事をとおして必要だと感じてきた。
否定脳は仕事をするにあたって余計な考えのように感じた。




直永亮明

« 否定脳による閃き意識の封鎖 | トップページ | 自分で限界を決めてない? 常にチャレンジし続けるための「思考の枠」の広げ方 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1761240/73542931

この記事へのトラックバック一覧です: 否定脳は思考を停止させる:

« 否定脳による閃き意識の封鎖 | トップページ | 自分で限界を決めてない? 常にチャレンジし続けるための「思考の枠」の広げ方 »

ランキング

  • にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ お勧めサイトランキングへ
2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  

カウンター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ