« 現代人が喪失した「本能と直感取り戻す」には? 代々木忠語る。 | トップページ | 前に進もうとしないクヨクヨはいらない! »

2018年4月26日 (木)

努力の努は、奴隷のド

以下リンク努力の努は、奴隷のド/
人生について考えるより
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-
努力。何かと求められるものですよね。日本人は今でも「努力」とか「頑張る」いう言葉が大好きなようです。
遊びに夢中になっている時、それは「努力して遊んでいる」とは言いませんよね。何故でしょうか?。遊んでいるだけで、お金を稼いでいるわけでは無いからでしょうか?。
私の会社にはプログラムが趣味のような人がいて、それはもう嬉しそうにプログラムを作成します。いろいろな技術書も熱心に読まれていますが、「すごい努力家ですね」と言うと、「そうでもないよ」と言われてしまいます。本人は努力しているつもりはないと言うのです。
こうして考えてみると、私達は「努力」という言葉の中に、自分自身でも気が付かないうちに「歯を食いしばって行うもの、我慢する事、忍耐」というイメージを持っているのかもしれません。
「啼かなくていいホトトギス:小林 正観:中経文庫」で、小林さんが「努力」の「努(つとめる)」という字について解説をされているのを読んで、私達がなぜ「努力に我慢」というイメージを持つのかが少しだけ理解出来ました。
(中略)
奴の右側は「股」ではなくて「又」ですねw。
又と言う字は「手」を表す漢字で、「奴」とは「女+手」という意味を持っています。
現代の日本に生活していると信じられませんが、女性が男性と同じように権利を認められ、社会で活躍する事が許されるようになったのは、ごく最近の事です。
女性の権利を認め、女性を開放する思想の事を「フェミニズム」と言いますが、フェミニズムは1789年のフランス革命をきっかけに19世紀以降に盛り上がってきた考え方で、6000年以上ある人類史から見れば「100ほど前=ごく最近」と言えるのです。
(参考:wiki「フェミニズム」記事 様)
つまり漢字が成立したような昔には、女性には男性と同じような権利は認められておらず、働き手(それも下働きと言われる雑用係)として使われる存在でした。
いろいろな労働を行う存在が女性であったため、転じて奴という字が出来上がったそうです。
「努」は奴に力を加えています。つまり「いろいろな仕事を、目一杯やらせる」という意味を持った字になっているんですね。
努力は、その上にさらに力という字を添えていますから、それはもう「歯を食いしばってでもやらせるもの」という意味になるわけです。
小林さんは、そんな努力を続けていると心に沸き立つ感情があるといいます。
それが「怒」。奴+心と書きますよね。
無理やりやらされるから、文句の1つも言いたくなる。腹が立つ。それが「怒」というわけです。
-*-*-*-*-*-*-*-*-*-*-




匿名希望

« 現代人が喪失した「本能と直感取り戻す」には? 代々木忠語る。 | トップページ | 前に進もうとしないクヨクヨはいらない! »

コメント

My gay pics
http://blackgay.net.erolove.in/?profile.jordan
free gay chat sites gay stars gay roommates gay profile gay bars

Daily updated sissy blog
ideas bridal shower cd porn sites scorpion sex toy
http://sissyabuse.blogporn.in/?view.margarita
womens tops designs free strapon vid dresses of world heebal online latina feminism solving poverty buy baby toys tutu set

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1761240/73371342

この記事へのトラックバック一覧です: 努力の努は、奴隷のド:

« 現代人が喪失した「本能と直感取り戻す」には? 代々木忠語る。 | トップページ | 前に進もうとしないクヨクヨはいらない! »

ランキング

  • にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ お勧めサイトランキングへ
2018年9月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カウンター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ