« なぜ、キリスト教は性欲・自由意志・輪廻を全否定してしまったのか?5 | トップページ | 生産の場における自由 »

2017年1月28日 (土)

なぜ、キリスト教は性欲・自由意志・輪廻を全否定してしまったのか?6

[キリスト教封印の世界史 ヘレン・エラーブ著作 井沢元彦監修 杉谷浩子訳 第三章《性欲・自由意志・輪廻の全否定》紀元300~500年 民衆を思うままに操った宗教的洗脳と教義の威力]よりお送りします。
マニ教との論争では、政略のためなら平気で信念を曲げることを許容したキリスト教。この無節操な態度が世界を狂わせて行く。
また、性欲否定=下半身完全否定すると二元論に陥る。善悪の思想だ。これこそ、好き嫌いの原点であり、唯一絶対とすることの危険性を見ることができる。
---------------------------------5より
 もう一つの論争はマニ教徒をめぐるものだった。この論争によって、「教会は自分たちのイデオロギーでも民衆受けしない無益なものは平気で否定する」ことが示されたのだ。ペルシア人のマニが3世紀に興したマニ教は、唯一至高神への信仰を突きつめたものだった。唯一全能の神を信じる者は、しばしばこんな疑問に悩まされる。どうしてこの世には苦しみや悪があるのだろう?万物を創造した全能の神は、なぜ人間の苦しみをつくったのか?すると、ふつうはこんな答えに行き着く。きっと悪を生み出す対極の力が存在するのだ。それは悪魔にちがいない。こうして二元論が生まれる。神とサタン、善と惑、霊と物質がこの世で戦っていると考えるのだ。悪魔の思想は一神教に特有のものだ。多神教の場合には悪の理論を簡単に説明できるので、悪魔を考え出す必要がないからだ。キース・トマスは著書『宗教と魔術の衰退』(法政大学出版局、1993年)のなかで、一神政になる以前の初期ユダヤ教についてこう書いている。
《初期のユダヤ人たちには、悪の原理を擬人化する必要がなかった。敵対する他の神々の仕業だと考えればよかったからだ。だが、一神教が
広まると、神が善なら、どうしてこの世に悪が存在するのかを説明しなくてはならなくなった。こうして悪魔は、完全無欠な神性という考えの裏づけに一役買ったのである。》
 マニ教徒は初期のカトリック教会以上に、正統派のイデオロギーを厳しく貫いていた。物質界に霊や神が宿ることはない、と真剣に考えせいたのだ。唯一至高神への信仰はすべてに優劣をつけるヒエラルキーを生む。天と地、霊と物質にもきっぱりと境界線が引かれる。ヒエラルキーの上に行けば行くは善と見なされ、下へ行けば行くほど悪と見なされる。だから、マニ教徒は禁欲と隠遁を厳しく唱えた。女は男を肉欲に溺れさせ家庭にしぼるサタンの手下と考えられた。神に近づくには世俗の誘惑を断たなくてはならない、と彼らは信じたのだ。
 カトリック教会は、はるか後の宗教改革時代に、マニ教と同じような厳しい教えを説くことになる。だが初期の頃は、政略上、一神教に徹することができなかった。世間には土着の多神教を信じている者がまだ大勢いたので、そうした人々を教会に引き込もうと必死だったのだ。民衆の大半はこう信じていた。物質界には神の力がみなぎっている。物質には霊が宿っている。神にはさまざまな顔がある、と。物質界をサタンの領土として完全に拒絶し、絶対神以外のイメージを否定してしまうと、キリスト教を広めることができなくなってしまう。だから教会は、唯一至高神を信じなさい、神のヒエラルキーに従いなさい、と言い続ける一方で、聖母マリアのみならず天使や聖人の崇拝も許したのだ。マニ教徒の教えは完壁なまでに正統派のイデオロギーと一致していたが、政略的には無謀と言えるものだった。マニ教徒や似たような思想の持ち主は、その後何世紀にもわたって異端者の烙印を押され続けたのである。
 初期の異端との対立によって生まれた教義は、個人と社会を操る教会の立場を正当化するものだった。ペラギウス論争では、アウグスティヌスの意見が取り入れられた。つまり、人間は生まれながらに邪悪であり、善を選ぶ能力がないから、絶対的な権威にすがらなくてはならない、という考えだ。人間の性欲は原罪の証しと見なされた。さらに教会は、オリゲネスの輪廻説を非難し、キリストの肉体が復活したのは奇蹟だ、人間の人生は一度しかなく、教会に従って生きるか地獄に落ちるのを覚悟で生きるかのどちらかだ、という考えを支持した。ドナトゥス派との争いでは、力で服従させるという先例をつくった。そして、マニ教徒に対しては、政略のためなら平気で信念を曲げることを示したのである。
---------------------------------終了


五芒星

« なぜ、キリスト教は性欲・自由意志・輪廻を全否定してしまったのか?5 | トップページ | 生産の場における自由 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1761240/69404397

この記事へのトラックバック一覧です: なぜ、キリスト教は性欲・自由意志・輪廻を全否定してしまったのか?6:

« なぜ、キリスト教は性欲・自由意志・輪廻を全否定してしまったのか?5 | トップページ | 生産の場における自由 »

ランキング

  • にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ お勧めサイトランキングへ
2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            

カウンター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ