« 闘争と生殖の包摂① | トップページ | 常識という洗脳からの脱却 »

2017年1月24日 (火)

個人を捨てる。もう一つの視点。

私たちは、
 「自分のことは自分でしなければならない。」
 「自分の身は自分で守らなければならない。」
 「人に迷惑を掛けてはいけない。」
 「自立しなければならない。」
 「自分の行為には責任を取らなければいけない。」

という様々な規範に縛られて生きています。

 まず、このあたりの規範を解体していかないと、個人を捨てるのは無理ではないでしょうか。

 誰しも、自分が大事に思っている人(好きな人や尊敬する人、信頼している人)が、困っていれば、少しでも役に立ちたいと思いますよね。
 そして、相談されたり、頼み事をされれば出来る限りのことをしたいと、少々の無理は厭わないものです。
 そんなときは、相手の感謝や笑顔以上の報酬はありません。

 でも、自分が困ったとき、人に頼むのは結構、勇気がいるものです。
それが大変なことで有れば有るほど、なかなか言い出しにくいです。

 「相談されたり、頼み事をされれば、嬉しい、役に立ちたい。」という気持ちと
 「自分のことは自分でする」「人に迷惑を掛けてはいけない」という規範意識、
 矛盾していると思いませんか。

 個人を捨てるというのは、この古い規範を捨て、新しい規範を作っていくことだと思います。
 それは、「周りの人たちに期待し、周りの人たちの期待に応える。」ことを中心に据えて、形成されていくものだと考えています。



玉川泰行

« 闘争と生殖の包摂① | トップページ | 常識という洗脳からの脱却 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1761240/69268095

この記事へのトラックバック一覧です: 個人を捨てる。もう一つの視点。:

« 闘争と生殖の包摂① | トップページ | 常識という洗脳からの脱却 »

ランキング

  • にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ お勧めサイトランキングへ
2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

カウンター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ