« 権利のあとに責任を発生させない日本的構造 | トップページ | 半人前ならお給料はなくて当たり前!弟子や丁稚奉公のシステムってすごい☆ ~“会社に入ったら、3年は辞めないほうがいい理由”~ »

2016年8月11日 (木)

釈迦が開いた悟りとは未知収束の一形態ではないか?

古代宗教はキリスト教、ユダヤ教、イスラム教そのほかのものも含めて神を信じれば救われるという極めて単純で解りやすい構造をもっている。それに対し、同時代に北インドで始まる初期仏教は他の一神教とは構造が異なり、極めて解りにくく、悟りを開かなければ得られない。またその教えを一言で示す事は難しく、比較すれば解りにくく、捉えようがない。

下記は「釈迦の人生を知ろう」リンクというブログから抜粋した。(釈迦の悟りとその先に発見した空という概念を表している部分)

>●釈迦の悟り
釈迦は「苦」を克服する為に何を悟ったのか。結論から言うと「執着を捨てろ」ということ世のすべてのものは移ろいゆく。釈迦は“縁”をキーワードにして、「苦」の根源に迫った。結果、万物が変化するという事実を認めない「無知」が「迷い」を生み、迷いが「欲望」を生み、欲望が「執着」を生み、執着が「苦しみ」を生むとする結論に至った。「無常」という真実をあるがままに受け入れることでしか心の平安(悟り)は得られないのだから、心が勝手に真実を曲げて解釈しないようにしっかりと現実を直視し、すべてのものに対する執着を断てと釈迦は説いた。釈迦は「無常」を受け入れた時に、初めて人は解脱(げだつ)できるとした。

>●すべて空なり
仏教の「空」は虚無を意味する空ではない。人の命は肉親と繋がっているだけではなく、これまで食べてきた全ての命とも、日光や水、酸素を生む植物、この宇宙にある全てのものと繋がっており、誰しも他から切り離されては存在できず、あらゆる物質と溶け合っているという、極めて深い感動的な意味での「空」だ。この世の全てが巨大なひとつの生命であること、これを一文字で表したものが「空」だ。ゆえに「色即是空、空即是色」(世の全てが空であり、空はまた世の全てである)となる
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

上記から、釈迦の「煩悩からの解脱」とは何で、その先に見た「空」とは何か?それについて考えてみた。釈迦の生きた時代はインドのバラモン教に代表される古代思想が否定され、思想の混乱期にあり、かつ16の小国、大国が戦乱を繰り返し、秩序という意味では上(頭)も下(体)もバラバラの状態にあった。

そんな中で釈迦が求めたのは秩序の整合であり、それを導く世界観の発掘だった。だから現在生きている世界を全くゼロにして一から見直してみる、そういう作業をしたのだと思う。それをする上で自らの主体を動かす心=煩悩を一旦否定し、それに拠らない状態を作り出すことで、古い観念に捉われない世界を見つけ出そうとしたのではないか?

煩悩からの解脱とは、釈迦が世界(身の回りの全て)を捉える上で求めた心の状態であり、それを成した上で見つけた原理が「空」という観念~「誰しもあらゆるものと溶け合って存在している」という事実認識であったのだろう。

つまり釈迦とは宗教家ではなく追求者ではないか、彼が発見したのは、そして教えたかったのは世界は追求の果てに見えるという未知なるものへの追求の態度だったのだと思う。そういう意味では、この2600年前の釈迦の登場とは、社会が国家過程に入る段階で登場した、人類史における先駆的事象と見る事ができるのではないか?

現在私権社会の秩序が崩壊し、あらゆる既存観念が根底から揺らいでいる中、新しい社会秩序を求めて追求の機運が立ち上がっている。
近年、仏教が注目され始めている事と何らか関係しているのかもしれない。

« 権利のあとに責任を発生させない日本的構造 | トップページ | 半人前ならお給料はなくて当たり前!弟子や丁稚奉公のシステムってすごい☆ ~“会社に入ったら、3年は辞めないほうがいい理由”~ »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1761240/66713669

この記事へのトラックバック一覧です: 釈迦が開いた悟りとは未知収束の一形態ではないか?:

« 権利のあとに責任を発生させない日本的構造 | トップページ | 半人前ならお給料はなくて当たり前!弟子や丁稚奉公のシステムってすごい☆ ~“会社に入ったら、3年は辞めないほうがいい理由”~ »

ランキング

  • にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ お勧めサイトランキングへ
2017年6月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30  

カウンター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ