« 欧州民族は貧困時代の歴史を捏造し、中世以降に優れた民族を演出する | トップページ | ロシア正教とカソリックの本家争い »

2016年8月19日 (金)

キリスト教の危機!?トルコで発見された1500年前の聖書「イエスが十字架に磔刑にされていなかった。」

世界に君臨するバチカン。「イエスが十字架に磔刑にされず、イエスは生存しており、彼の代わりにイエスの弟子の一人が磔にされた」としたら、キリスト教の信者の一部は、主柱を失う=世界秩序の崩壊に向かうのではないだろうか?
経済は、ガタガタ。信じる宗教は、実は嘘だらけ。旧観念の根本が揺らぎ、真実は何か?事実はどうなっているのか?あらゆる場面で探索へ向かう可能性が拡がりつつある。

++++++++++++++++++++++++++++++++
真実を探すブログより
リンク
トルコで1500年前の聖書発見!⇒バチカンで賛否両論に!「イエスは十字架に磔刑にされず、さらに彼は神の子ではなかった」

トルコで発見された1500年前の聖書がバチカンやキリスト教徒の間で話題になっています。この聖書には今までキリスト教の柱となっていた教えを全面否定する記述があり、バチカンは古代聖書に対して激しい懸念を表明しました。

報道された情報によると、古代聖書には「イエスは十字架に磔刑にされず、さらに彼は神の子ではなかった。イエスは神の預言者だった。イエスは生存しており、彼の代わりにイエスの弟子の一人が磔にされた」と書いてあるとのことです。

今までのキリスト教では 「イエスキリストは一度死んで生き返った」等と教えていたため、これはある意味で重要なネタばらしをしていると言えます。バチカンはこの書物の発見に強い 懸念を表明すると同時に、トルコ政府に対して古代聖書の調査を要望しました。ローマカトリック教会の関係評議会は「検閲されて内容が省略されている」とも 述べ、キリスト教側はこの聖書に疑いの目を向けています。

イエスキリストが弟子と入れ替わった説はかなり前々から一部の専門家が指摘していましたが、1500年前の古代聖書でそれが裏付けられた形になりました。キリスト教側は色々と必死のようですが、いずれはバレるような嘘だったということなのでしょう。
それでも、世界中に数十億人単位でこれを信じている方が居ることには驚きますが・・・(苦笑)。

☆バチカン、トルコでの1500年前の聖書発見に懸念
URL リンク
引用:
バチカンが、トルコで、イエス・キリストが十字架に磔にされたことを否定する、1500年前の聖書のページが見つかったことに激しい懸念を表しました。

プレスTVによりますと、この聖書はバチカンを強く懸念させており、それはこれに「バルナバスの福音書」が含まれているためだとしています。バルナバスはイエスの弟子です。
この書物は2000年に発見され、アンカラの民俗学博物館に保管されているということです。
この書物は皮でできており、イエスが使っていたエラム語で書かれています。この書物の一部のページは時間の経過により黒くなっています。情報によりますと、この書物は専門家によって調査されており、その真正性が認められています。
研究者の一部は、この聖書を調査し、「イエスは十字架に磔刑にされず、さらに彼は神の子ではなかった。イエスは神の預言者だった」と述べています。
この書物の最後には、「イエスは生存しており、彼の代わりにイエスの弟子の一人が磔にされた」と書かれています。
この書物ではさらに、イスラムの預言者ムハンマドの出現が予言されています。
:引用終了

(以上、転載終わり)
++++++++++++++++++++++++++++++++

アールティ

« 欧州民族は貧困時代の歴史を捏造し、中世以降に優れた民族を演出する | トップページ | ロシア正教とカソリックの本家争い »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1761240/66713722

この記事へのトラックバック一覧です: キリスト教の危機!?トルコで発見された1500年前の聖書「イエスが十字架に磔刑にされていなかった。」:

« 欧州民族は貧困時代の歴史を捏造し、中世以降に優れた民族を演出する | トップページ | ロシア正教とカソリックの本家争い »

ランキング

  • にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ お勧めサイトランキングへ
2017年8月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    

カウンター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ