« 【図解】新パラダイムの効用1 現実否定の鎖を断ち切って、プラス活力の上昇へ | トップページ | 高度情報化時代が、人間を無能化していく »

2016年4月25日 (月)

自分のことしか考えない=思考停止

私権圧力に代わる圧力(外力)を感じ取ることができなければ、このままどんどん私たちは思考できなくなってしまう!!(222857

最近、友達と話していてこのことを実感した。

彼は自分さえ食べていければ良い、と主張している人間で、仕事自体は真面目にこなしている。ただし、こちらから問いかけると以下のような反応をする。
「これからどうするの?」→「分からない。贅沢を望まなければ適当に何とかなるだろう。」
「景気悪いけど大丈夫かな」→「あまり自分には関係ない。何とかなるだろう。」

大体こんな感じのやり取りになる。これは、言わば「思考停止」の状態ではないだろうか?「自分さえ何とかなればいい」と割り切ることで、それ以上の思考を全くしない状態だ。

実際に社会を見れば、そんなことを言っていられる状況ではないのだが、考えないことで不安から逃げているようにも見えた。自分さえ良ければ、は本人には控えめな生き方のつもりらしいが、このまま何も考えずに目先的に生きていては、変化に対応できず破滅すら起こり得るのではないか?

自分のことしか考えないことは思考停止であり、結局は自分自身すら維持できなくなる可能性が高い。

思考停止した「自己中」だらけでは社会が破綻してしまう。
周りに目を向け、私権圧力に代わる圧力すなわち同類圧力を感じれば、考えるべきことは無限に湧いてくる。「いかに思考し、可能性を追求していくか?」はそこからしか発生しない。

「自分さえ良ければ」から脱却することは、生き残るために必要な転換だと思う。

小西良明 

« 【図解】新パラダイムの効用1 現実否定の鎖を断ち切って、プラス活力の上昇へ | トップページ | 高度情報化時代が、人間を無能化していく »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1761240/64720677

この記事へのトラックバック一覧です: 自分のことしか考えない=思考停止:

« 【図解】新パラダイムの効用1 現実否定の鎖を断ち切って、プラス活力の上昇へ | トップページ | 高度情報化時代が、人間を無能化していく »

ランキング

  • にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ お勧めサイトランキングへ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カウンター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ