« 対象や主体にある実現基盤を見出す追求=実現思考 | トップページ | 気づきの起きる条件 »

2016年4月13日 (水)

いいわけをどう封印するか?

個人主義などという言葉はここ数年であっという間に影を潜め、社会全体は私権社会から共認社会へ大きく動いている。しかし、制度も体制も依然として私権社会の枠組みのままで、現在は転換の過渡期としての課題が山のようにある。

その中でも避けて通れないのが残存する制度や体制を使って自己正当化しようとする自我派である。

何かにつけ言い訳を付けて難しい課題や全体課題を担おうとしない成員も大きくはその範疇に入り、集団で共認形成して成果を上げていく上で足かせとなっており、時に情報を開示しない体質ゆえトラブルを引き起こしマイナス分子になる。

彼らにどう対処していくかはそれぞれの組織で現在大きな壁となっているのではないか?人材育成できないハードルもそこにある。そういう意味で今日はサロンの仲間とタイトルのテーマで少し話し合った。一旦アイデアレベルではありますが投稿しておきます。

”いいわけをどう封印するか”

①まずは相手の言動が言い訳か否かを判定する言葉群
相手が長々と説明した後・・・・以下の質問をぶつけてみる。
 「あなたは本当は何を実現したいのか」
 「今言った事を一言で言うと何か」
 「相手はどう思っていたのでしょうか」

⇒それに対する相手の反応が淀みなく、明確に返ってきた場合は言い訳でない可能性が高い。逆にもごもごなる場合や論点をそらして饒舌になる場合はほぼ言い訳と考えてよい。

②いいわけをしている相手にどのように自覚させるか?

ほとんど言い訳をする人は無自覚である。
 程度の軽い場合は「それは言い訳ですよ」と伝える。
⇒これが以外に基本姿勢。まずは無自覚を周りが自覚させてあげる。
これは下の立場の人から上へ言う方が効果がある。場合によっては事前に作戦を立てておいて下の立場の人に言ってもらう方がよい。

③自覚した相手がどのように反転できるか?
 これが一番困難な課題。この困難さは実は関わる側の時間と一対一の対面の限界性にある。
 指摘は上記のように簡単にできるが、いざ本人に自覚させ、反転させるには共認圧力を使う必要がある。しかしその共認圧力は一朝一夕にはできない。日ごろの関わり方と心がけが重要になる。その為の基本的な規範を3つ提示。
1)ミス撲滅、トラブル撲滅等の強い危機管理共認を周りと形成する。
2)その為には相互に関わりあう事が重要。相手の領域まで突っ込む。
3)対面での会話だけにとどめない。そこでまとめたこと(や事実)を誰でも良いので多くの人に開示しているネット空間に発信し、回りの評価を求める。
⇒それを元に相手に反応を求める。

これらを実践していく事が共認圧力の元に言い訳を封印する力になるのではないか。
しかし意外にもこれを実践していく現実的なハードルは時間の壁である。それに多くの時間を費やし、エネルギーを投入する。普通の人は日常の課題が山のようにある状況下で、非生産的なこれらの課題にエネルギーを投入する事に二の足を踏む。しかし、それが言い訳派を野放しにしていく。

共認原理で動く強固な組織を形成していくには、いいわけは辞さないという規範形成が最終的には一番効力を発揮する。しかしそれを形成する為に日ごろやる事はたくさんある。最初の規範は「流さない」という事になるのではないか。

>共認圧力を作り出すもの、原動力は何なのでしょうか?
(中略)まずは共認充足に貪欲な、その重要性に自覚的な最先端のひとたちから「流さないで発信していく」。221975

« 対象や主体にある実現基盤を見出す追求=実現思考 | トップページ | 気づきの起きる条件 »

コメント

[(個人)戦中を(全体)船中に!!一億生き生き。秀吉龍馬]
確かに複雑系が多い。素朴Simpleをバカにする傾向空気。政治家筆頭。個人で部分で細部に宿る紙で見るからだ。アインシュタインの公式すら複雑に見える。
難しい課題。オバマ流には最難関問題でこそ人間は成長。
二重の二元の思考。理想性と現実性。これこそ最もSimple。敢えて宗教的にコラール文明論的に言えば彼岸へ此岸を調整する、ある意味で武士道教育的。その境界の瞬間を見る事しかできないのが人間である所詮は。歌風に言えば「現実という激しい曲の中での宝を探すのが人である」。その難関系ゾーンを背負わずカットし、疑似地上天国かデストピアかのMarxフェミ派の言うようにこれが楽園?だ世直しだとはっきりしてる?(らしい)ことが正しい訳ではない相対的。積極的男尊がそのバランスとなる。地上に狭い天国をのスローガンが浅はかに為されれば地上混乱では済まされない。目下に続くPacificFlood世直し改革戦争に流される。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1761240/64720631

この記事へのトラックバック一覧です: いいわけをどう封印するか?:

« 対象や主体にある実現基盤を見出す追求=実現思考 | トップページ | 気づきの起きる条件 »

ランキング

  • にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ お勧めサイトランキングへ
2017年11月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30    

カウンター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ