« 【図解】個人主義の責任捨象と言い逃れ(=個人主義の正体は?) | トップページ | めんどくさいという観念について »

2016年3月 4日 (金)

素直な質問の形の発信

多くの場合子供の質問は大人を困らせる。それは子供が知りたい感動の中心を大人がはずしているからである。つまり子供は感動の天才であり答えは子ども自身が言葉にならない形で既に有している。それでも子供が大人に問うのは感動を共有したいからであり、もし大人がなんらかの感動を他に知っていればそれも聞きたい、友達に教えてもっと感動したいからである。

何かを成し遂げた人がいつそれを成したいと思ったのかをたずねられると、もの心ついたころからと答えたり誰かとの出会いを答えるのはそのためなのだろう。

難解だから質問されるのではなく、感動したからもっと知りたいという質問を受けると私自身が元気になる。同じように感動したらもっと知りたいという気持ちを、素直に質問の形で発信しようと想う。

« 【図解】個人主義の責任捨象と言い逃れ(=個人主義の正体は?) | トップページ | めんどくさいという観念について »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1761240/63854076

この記事へのトラックバック一覧です: 素直な質問の形の発信:

« 【図解】個人主義の責任捨象と言い逃れ(=個人主義の正体は?) | トップページ | めんどくさいという観念について »

ランキング

  • にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ お勧めサイトランキングへ
2018年4月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

カウンター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ