« 「投稿者に同化する」とは、「みんなに同化する」ということ | トップページ | 実現の意志を感じとると「畏れ涙」がでてきた »

2016年3月28日 (月)

私たちは、既に準備を始めていたし、もう準備が整っている状況!

肉体・精神破壊や経済破局が現実のものとなり、「明日だって、どうなるか分からない」と、いよいよ本能を直撃する状況になってきた。 しかし、本能を直撃してから事実追求や可能性探索し始めるのでは、事態は一層に深刻になっていくばかり。 そのような現状に対して、るいネットを中心とする活動(なんで屋やなんでや劇場など)に、今まで積み重ねた事実認識を基盤に「どうしたらいいのか?」を具体的な方針として、より広く広めてほしいという期待が集まっている。 では、どうやってより広く共認の輪を拡げていくか? 私たちは何が出来るのか? 例えば、 政策を広めるために必要とされている「朝立ち・夕立ち」などの活動を思い浮かべてみても、 ・路上で性別や年代、職業を問わず、誰とでも、社会のことを話すことが出来る。 ・訴えるのではなく、相手と対話して、共感して、みんなで可能性を共有することが出来る。 ・あらゆる疑問に、誰もがスッキリする答えを提示することが出来る。 ・どこに可能性があるのか?何が必要なのか?みんなどうしたらいいのか?をはっきり認識してもらうことができる。 例えば、 ビラ配りや場作り一つを思い浮かべてみても、 ・「よかったら聞いてください」程度ではなく、どんな可能性があるのか?を伝え、巻き込むことが出来る。 ・何の為の活動なのかをはっきりと伝えることが出来る。 ・見ず知らずの人が集まるその場で、探索・追求の場を作ることが出来る。 ・相手が潜在的に期待していることを感じ取り、言葉にして、応えることが出来る。 1対1はもちろん、約20人を超える老若男女を相手に「何に可能性があるのか?」「何が問題なのか?」「どうしたらいいのか?」を展開した露店主が数多くいる。 行き交う人に可能性を感じてもらい、一緒に探索・追求し、充足を共有するという充足体験を積んだお手伝いが沢山いる。 誰もが、日々働いている、普通の素人だ。 私たちには、これだけ出来ることがあるし、出来る人が沢山いる。 既に準備を始めていたし、もう準備が整っている状況なのだ! 以前から、るいネットを中心とする活動には「政策提言はしないの?」「社会を変えてほしい!」「なんで屋なら、出来る」と期待が寄せられてきた。 なので、「政策提言」としてより広く共認の輪を拡げていく活動に、「やっぱり、やってくれるんだ♪」「待っていた!」とさらに期待してくれること、間違いない♪ 

中瀬由貴

« 「投稿者に同化する」とは、「みんなに同化する」ということ | トップページ | 実現の意志を感じとると「畏れ涙」がでてきた »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1761240/64375238

この記事へのトラックバック一覧です: 私たちは、既に準備を始めていたし、もう準備が整っている状況!:

« 「投稿者に同化する」とは、「みんなに同化する」ということ | トップページ | 実現の意志を感じとると「畏れ涙」がでてきた »

ランキング

  • にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ お勧めサイトランキングへ
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カウンター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ