« 成功体験は実現経路そのもの! | トップページ | 男女共認と認識収束 »

2016年3月10日 (木)

【成功体験】を図解化する

ネットサロンのグループで成果(秀作・佳作)がでたので、ここで成功総括をして図解化を試みた。       ┌────────────────────┐            |  幹を発信しみんなで枝葉を茂らせる  |            |    実感を発信して構造化する    |            └────────────────────┘              ∥  そのためにはどうする    ∥                ∨                ∨        ┌──────────────┐ ┌──────────────┐ | 相互に気づきを連鎖させる | | 現実の課題の当事者として | |              |⇔| 「どうする」を考える   | └──────────────┘ └──────────────┘         ∥  そのためにはどうする?    ∥                ∨                ∨              ┌────────────────────┐            |  輪読段階で「課題共認」を図る    |            |   実践モードから追求モードへ    |            └────────────────────┘           という普遍構造があった。今回は、課題共認を図るために、事前に追及ポイントをみんなの意識を思い浮かべながら絞り込んで切り口を提示したことと、最初に前回の図解をテスト形式で行い追求モードに入れた。会議は既に準備段階から始まっていると感じた。  結果、投稿を輪読する段階から、テーマの課題追求に向かえ、普段、気づきをだして終わりとなるところが、その気づきに対して更なる気づきが連鎖して、構造化がなされたことが大きい。    この図解構造には、将来の社会統合課題を創出する場合にまで適用し得るものがあると思う。 

鈴木康夫

« 成功体験は実現経路そのもの! | トップページ | 男女共認と認識収束 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: 【成功体験】を図解化する:

« 成功体験は実現経路そのもの! | トップページ | 男女共認と認識収束 »

ランキング

  • にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ お勧めサイトランキングへ
2019年8月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

カウンター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ