« 【成功体験】を図解化する | トップページ | 『核兵器』の虚構(1) »

2016年3月12日 (土)

男女共認と認識収束

男と女が創り出す活力の源泉への可能性は、潜在意識で誰もが看取する。しかし、どのような場面でもその可能性に収束し続けるためには、また対面を超えた人間が可能性として共認するためには、観念が不可欠となる。 この観念とは、誰もが(男が女規範を、女が男規範を)認めることが出来るものでなければならない。サル~人類の意識の形成過程、その構造認識(事実の認識)が新たな認識(男女規範)として共認されていく。 しかも、それは現実に使えなければ(=”答え”が出せなければ)意味がない。新たな男女規範の共認により現実に活力が出ている状況が、伝播力の動因となる。だから、男女規範も、男女規範を土台とした半答えも、(「○○が問題だ」と言った否定形ではなく)「こうすれば上手くいく」という可能性形で語られることになるだろう。

« 【成功体験】を図解化する | トップページ | 『核兵器』の虚構(1) »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1761240/63854114

この記事へのトラックバック一覧です: 男女共認と認識収束:

« 【成功体験】を図解化する | トップページ | 『核兵器』の虚構(1) »

ランキング

  • にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ お勧めサイトランキングへ
2018年12月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          

カウンター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ