« 悩み相談のつぼは「倒錯思考」「固定観念」 | トップページ | 考える、判断する、ということへの錯覚 »

2014年5月11日 (日)

現実肯定→実現思考

>現代社会の至る所で噴出する異常現象は、全てこの現実否定→倒錯思考の観念パラダイムが生み出したものであると云っても過言ではない。
20354

「悩み」の構造は、ほとんどがそう。

悩みは必ず、母親や仲間、男女関係、職場での人間関係の「現実否定」に端を発している。そして、共認充足が乏しい(心と体が充たされない)→充足可能性は、己の頭で作り上げる「倒錯思考」にしか見いだせなくなるほど追い詰められる。

例えば、上手くいかないのは自分のせいだと自分を責める強固な「自分規範」や、自分が捏造し自己決定に至る「自分観念」。
男女関係でも、ただただ肩書きといえいるだけで安心する彼氏彼女、一対一の恋愛関係を無条件に良し、とする「恋愛観念」。
そしてその基にある、自由・平等・個人・人権等の旧観念

・・・倒錯思考に向かう手前で共認充足できていれば、そこに向かわないのだが。

「悩み」とは、倒錯思考がぐるぐると頭の中で廻ってしまうその段階で既に、思考パラダイムが負のスパイラルに陥ってしまっている。そして一度そこに嵌り込んでしまうと、なかなか脱出できない構造にある。

上記認識の反転が、解決の糸口になる。つまり「現実肯定→実現思考」。
もう一つは、倒錯思考に陥らない、事実に立脚する新認識。つまり現実の役に立つ確かな答え、という新たな観念パラダイム。これが正面突破の道筋になる。

佐藤賢志

« 悩み相談のつぼは「倒錯思考」「固定観念」 | トップページ | 考える、判断する、ということへの錯覚 »

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/1761240/56125042

この記事へのトラックバック一覧です: 現実肯定→実現思考:

« 悩み相談のつぼは「倒錯思考」「固定観念」 | トップページ | 考える、判断する、ということへの錯覚 »

ランキング

  • にほんブログ村 政治ブログ 世直し・社会変革へ お勧めサイトランキングへ
2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

カウンター

最近のトラックバック

無料ブログはココログ